懸垂下降-登山の技術の登山用語

懸垂下降とは

ロープを使って高所から下降する方法を言う。登山においてはロープを使わずには降りることができない斜面や岩稜において懸垂下降を使用する。安全に降りるための技術だが、クライミング中の死亡事故ワースト1なのも懸垂下降となっている。懸垂下降時の事故のほとんどがケアレスミスやヒューマンエラーによって発生していると言われている。ビレイループに直接ビレイデバイスをセットする方法からバックアップシステムを設けた懸垂下降と変化しており事故の発生が減少しているが、懸垂下降の方法を学ぶ際に過去の技術をスタンダードとして考えないように注意もまた必要である。

奥多摩の沢歩き

おすすめ書籍

関連用語

登山用語カテゴリー

登山の技術の用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行