ベルクロ(マジックテープ)-山道具・装備(素材・部材)の登山用語

ベルクロ(マジックテープ)とは

ベルクロは日本では一般にマジックテープとして知られており株式会社クラレがこの商標で1960年から製造販売している。様々なアイテムに活用されている素材。ベルクロはフランス語のビロードと鍵の合成語で1952年にスイスで設立された会社が発祥となっている。現在ではアメリカ合衆国ニューハンプシャー州のベルクロ USA社が根拠地。ベルクロのデメリットは表面に糸くずなどが付着しやすく付着することで吸着力が減ることがあり、こまめにそれらを取り除く必要がある。また長期間使用していると損傷劣化によって吸着力が落ちていくので適度にループとフックを交換するのが望ましいとされている。材質は熱に弱くアイロンをあてると変形して吸着しなくなる危険性があるため注意が必要。ベルクロには種類があり一般的な面ファスナーはフック状に起毛された側とループ状に密集して起毛された側とをくっつけるだけで張り付くという特徴を備えている。これ以外にもフックとループ両方がそれぞれに植え込まれておりそれぞれの面に区別がないタイプ、やマッシュルーム状に起毛されていて結合力の強いクリックタイプや、ノコギリ歯状のシャークバイトタイプなどバリエーションが豊富である。

アークテリクス ベータSV ハードシェル 袖

関連用語

登山用語カテゴリー

山道具・装備(素材・部材)の用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

ら行