ケルン-山の自然現象の登山用語

ケルンとは

登山道に見られる平らな石を積み重ねてピラミッド型になっている道標をケルンと言う。また慰霊碑としてケルンも存在する。濃霧が発生しやすい場所や、分かりづらい登山道などにケルンが設置されていることが多い。登山道を歩いているとこの道標の役割とは言えないケルンもあるため、作る側も確認する側も注意が必要。

ケルンとは

おすすめ書籍

関連用語

登山用語カテゴリー

山の自然現象の用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行