雪庇-山の自然現象の登山用語

雪庇とは

雪のかぶった山の尾根。風によって一方向に向かって雪がせり出している箇所もある。このような場所には地面がないが、上から見るとまるで歩けるように見えるために非常に危険な場所である。雪庇に関する事故は様々で、知らずに歩くことによる滑落事故や雪庇が崩落してそれがきっかけに雪崩が起き、これに巻き込まれる事故などがある。

冬の登山 メンタル

おすすめ書籍

関連用語

登山用語カテゴリー

山の自然現象の用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行