霧氷-山の自然現象の登山用語

霧氷とは

木や枝などに着く氷の一種で氷点下においてこれ等に付着し発達する。過冷却された霧の粒が風によって疑義にあたりその刺激によって氷となって発達する。雨氷は0度以下になっても凍っていない雨が地面につき透明の膜状に凍ったものを指す。その他樹氷など冬の自然現象がある。

霧氷とは

おすすめ書籍

関連用語

登山用語カテゴリー

山の自然現象の用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行