カテゴリーから探す

山のモノ Wear / Gears

山のコト Experiences

【群馬県】おすすめの低山12選!初心者から中上級者向けまで日帰り登山が楽しめる絶景の山

【群馬県】おすすめの低山12選!初心者から中上級者向けまで日帰り登山が楽しめる絶景の山

群馬県は県内のどこからでも山が見える、関東有数の山岳県です。標高500m以上の山地が県土の約7割を占め、赤城山、谷川岳など知名度の高い山を多く有し、日本百名山も11座あります。

そんな群馬県の山は高山ばかりかというと、実は低山も豊富です。この記事では群馬県の低山を中心に、日帰り登山が楽しめる絶景の山を12座取り上げ、おすすめの登山コースや交通アクセスと共に紹介しています。

群馬県在住の方はもちろん、群馬の山に興味をお持ちの県外の方もぜひ参考にしてください。

1.嵩山(たけやま)/標高788m

群馬県中之条町にある嵩山は、中之条町のシンボルで、ぐんま百名山、日本百低山、吾妻八景に選定されています。

古くから天狗の住む霊山として人々の信仰を集め、山城が築かれた戦国時代には悲劇の舞台となった歴史があります。

嵩山は険しい岩峰で、いくつもの鎖場があり、スリリングな岩稜歩きが楽しめる山です。不動岩、胎内くぐり、弥勒穴など見どころが多く、山頂からは上州の山々が一望できます。

山の名前 嵩山(たけやま)
標高 789m
場所 吾妻郡中之条町
地図・天気など 詳細情報

おすすめ登山コース

小天狗、中天狗、大天狗(嵩山)と岩場のピークを踏んでいく、嵩山往復コースを紹介します。コースタイムは短いですが、岩登りが多く、登山道は変化に富んでいて訪れる登山者を飽きさせません。また、低山とは思えない素晴らしい眺望も魅力です。

スタートは道の駅。表参道と呼ばれる登山道は整備され、標識が設置されているので迷うことはありません。岩登りは雨の翌日だと滑りやすいので注意してください。

最初に小天狗頂上へ。

大天狗へは長い鎖場をいくつも通過すると到着します。

嵩山登山口→見晴台→小天狗→中天狗→大天狗(嵩山)

コースタイム(休憩時間含まず) 約1時間30分
総距離 2.0㎞
累積標高 上り287m、下り274m
難易度 ★★☆☆☆

アクセス

  • JR吾妻線中之条駅からタクシーで約10分
  • 関越自動車道渋川伊香保ICから国道17号・353号を経て約35分、道の駅霊山たけやまの駐車場を利用

2.岩櫃山(いわびつやま)/標高803m

吾妻郡東吾妻町の岩櫃山は、嵩山(たけやま)同様、ぐんま百名山、日本百低山、吾妻八景に選定されている低山で、東吾妻町のシンボルです。奇岩、巨岩で構成された険しい岩峰であり、山頂南面は垂直に切り立つ200mの岩壁となっています。

真田家ゆかりの山で2016年の大河ドラマ「真田丸」のオープニング映像に登場し、山中には真田氏の拠点であった岩櫃城の城跡が残されています。

登山道は4つありますが、基本、険しい岩登りで鎖やハシゴがかけられてはいるものの難易度の高い箇所も多く、スリル満点です。いずれもコースタイムは短く、初心者向けから上級者向けまでコースが揃っているため、腕試しをしたい愛好家の間で大変人気があります。

恐怖を乗り越えて立った山頂からは、上州の山々から富士山まで見渡せる絶景が楽しめます。

特に紅葉の景色は素晴らしく、秋の登山はおすすめです。

山の名前 岩櫃山(いわびつやま)
標高 803m
場所 吾妻郡東吾妻町
地図・天気など 詳細情報

おすすめ登山コース

登山コースは、沢通り、尾根通り、赤岩通り、密岩通りと4コースありますが、ここでは密岩通りで登り、赤岩通りで下りる、岩櫃山で人気の高い周回ルートを紹介します。

登りの密岩通りは岩登りの鎖場が続きます。高度感のあるスリリングな箇所が多く、愛好者は楽しめます。

最も恐怖を感じるポイントして人気の高かった「天狗の架け橋」は、2019年の台風により通行できなくなり、2024年現在う回路が設けられています。

多くの鎖場を乗り越えた先の山頂で絶景を満喫したら、密岩通りよりは穏やかな赤岩通りで古の山城の雰囲気を感じ取りながら下山します。

高度感のある鎖場が苦手な方は、沢通り、尾根通りを利用するといいでしょう。

古谷登山口駐車場→密岩登山口→岩櫃山→赤岩登山口→古谷登山口駐車場

コースタイム(休憩時間含まず) 約2時間30分
総距離 2.7km
累積標高 上り381m、下り383m
難易度 ★★★☆☆

アクセス

  • JR吾妻線郷原駅下車、古谷T字路を経て密岩登山口まで徒歩約30分
  • 関越自動車道渋川伊香保ICから国道17号・353号・145号を経て、岩櫃山南側の古谷集会所前の駐車場を利用

3.尼ヶ禿山(あまがはげやま)/標高1466m

出典:沼田市観光協会

尼ヶ禿山は、尾瀬のような湿原や関東有数のブナ林、スキー場などで有名な玉原(たんばら)高原の西端にそびえる山です。ユニークな山名は、積雪期に山頂が禿げたように見えることから、天が禿げた山、あまが禿げた山に「尼」の字を当てたのが由来とされています。

尼ヶ禿山の標高は1500m近いですが、登山口である玉原高原の標高が約1200mのため標高差が小さく、初心者や家族連れが気軽にハイキングを楽しめます。

山頂からの眺望は良く、眼下に玉原湖を見下ろし、武尊山や谷川岳などが見渡せます。

出典:沼田市観光協会

年間を通じて登山が楽しめますが、小尾瀬と呼ばれる玉原湿原の美しさを満喫できる初夏や、紅葉で彩られたブナ林を歩く秋がおすすめです。

山の名前 尼ヶ禿山(あまがはげやま)
標高 1466m
場所 沼田市と利根郡みなかみ町の境

おすすめ登山コース

玉原センターハウスから玉原湿原に向かい、尼ヶ禿山、玉原湖と歩く周回コースを紹介します。前半は尾瀬のような木道を歩いて湿原を楽しみます。

山道に入ったら分岐を尼ヶ禿山方面へ進みます。いったん林道に出ますが、通行止めのトンネルが出てきたら標識に沿って再び山道へ。鉄塔を経て展望の良い山頂へ向かいます。

帰りは東京大学大学院数理科学研究科セミナーハウスを通り、玉原湖を眺めながら戻ります。

探鳥路入口→玉原湿原→尼ヶ禿山→玉原越→探鳥路入口

コースタイム(休憩時間含まず) 約2時間30分
総距離 7.5km
累積標高 上り404m、下り408m
難易度 ★☆☆☆☆

アクセス

  • JR上越線沼田駅から迦葉山行きバスで50分、たんばらセンターハウスバス停下車
  • 関越自動車道沼田ICから約19㎞、たんばらセンターハウスの駐車場を利用

4.浅間隠山(あさまかくしやま)/標高1757m

吾妻郡東吾妻町と長野原町の境に位置する浅間隠山は、文字通り浅間山を隠すようにそびえている、人気上昇中の山です。富士山に似た山容であることから「川浦富士」とも呼ばれ、日本二百名山、関東百名山、ぐんま百名山に選定されています。

浅間隠山は山頂からの展望が素晴らしいことで知られており、浅間山はもちろん、北アルプス、八ヶ岳、上州や西上州の山々から富士山まで見渡せます。

標高は1500mを優に超えていますが、標高差が小さいので初心者から登れ、誰でも気軽に大展望が楽しめます。また、麓には浅間隠温泉郷があり、下山後の温泉もお楽しみの1つです。

山の名前 浅間隠山(あさまかくしやま)
標高 1757m
場所 吾妻郡東吾妻町と長野原町の境
地図・天気など 詳細情報

おすすめ登山コース

浅間隠山で最も人気の高い、二度上峠からのピストンコースを紹介します。登山道に危険個所はなく、初心者におすすめのコースです。

駐車場からほど近い浅間隠山登山口からスタート。はじめは緩やかですが、徐々に傾斜を増していき、約1時間半ほどで山頂に到着します。

眺めをたっぷり楽しんだら、来た道を戻ります。