池塘-山の地形の登山用語

池塘とは

湿原にできる池をさす。高層であるということとそこにできる湿原という珍しい環境のために独特の生態が形成される。泥炭層は池塘の底に蓄積されている。枯れた植物が腐らずに残る泥炭の体積具合の違いによって高層湿原、低層湿原と区別される。尾瀬は東西6 km 幅2 km に及ぶ本州最大の高層湿原で大小様々な池塘を見ることができる。月山の北側八合目に広がるあみがはら湿原においても日本海まで望むことができる天空の楽園と揶揄される素晴らしい景色で、ここでも池塘を見ることができる。

池塘とは

おすすめ書籍

関連用語

登山用語カテゴリー

山の地形の用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ら行