鞍部(乗越)-山の地形の登山用語

鞍部(乗越)とは

尾根上のピークとピークの間の標高が低くなった箇所。遠くから見た際にこの低くくぼんだ形が馬の蔵に似ていることから鞍部とよばれる。乗越、峠、鞍部を同様の意味として使用する場合もあり、地域によって解釈が異なる。

鞍部(乗越)とは

おすすめ書籍

¥1,584 (2021/11/25 22:06時点 | Amazon調べ)
\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazonで探す
¥1,980 (2021/11/26 08:53時点 | Amazon調べ)
\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazonで探す
山と溪谷社
¥1,100 (2021/11/26 14:37時点 | Amazon調べ)
\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazonで探す

関連用語

登山用語カテゴリー

山の地形の用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ら行