キレット-山の地形の登山用語

キレットとは

山の尾根のくぼんだ部分を鞍部と言うがその中でも特にV字状態に深く切れ込んだ場所のことをキレットと言う。断崖絶壁になっている箇所が多く登山ルートとしては難易度が高い岩登りとなる。日本を代表する三大キレットは北アルプス南部の北穂高岳と南岳を結ぶ大キレット。後立山連峰の五竜岳と鹿島槍ヶ岳の間にある八方キレット。同じく後立山連峰にある白馬岳と唐松岳を結ぶ不帰キレット。いづれもほぼ垂直な崖を鎖で登っていくような箇所が多くあり難易度の高い登山道となる。

キレットとは

おすすめ書籍

¥1,584 (2021/11/25 22:06時点 | Amazon調べ)
\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazonで探す
¥1,980 (2021/11/26 08:53時点 | Amazon調べ)
\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazonで探す
山と溪谷社
¥1,100 (2021/11/26 14:37時点 | Amazon調べ)
\Amazonブラックフライデー開催中!/
Amazonで探す

関連用語

登山用語カテゴリー

山の地形の用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ら行