森林限界-山の地形の登山用語

森林限界とは

環境によって高い木が育たずに森林を形成することができない境界線を森林限界という。森林限界となる樹木の育成に関わる環境として温度、乾燥、水分量などに影響される。北海道だと森林限界の標高は低く南に向かうにつれて森林限界の標高は高くなる。八ヶ岳連邦の森林限界について調査を行ったところ標高2500から2650mに森林限界は位置する。

森林限界とは

おすすめ書籍

関連用語

登山用語カテゴリー

山の地形の用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ら行