カテゴリーから探す

山のモノ Wear / Gears

山のコト Experiences

【関東】冬におすすめ「低山×温泉」のセット12選!絶景の日帰り登山・ハイキングコースと併せてご紹介

【関東】冬におすすめ「低山×温泉」のセット12選!絶景の日帰り登山・ハイキングコースと併せてご紹介

冬の低山は木の葉が落ちて展望が良くなるため、絶景を眺めながら歩くことができるのが魅力です。特に関東では積雪があってもそれほど深く積もることが少ないため、初めて冬山歩きをする方でもトライしやすいといえます。下山後にゆったりと温泉に浸かれば、さらに充実した山行となりますよね。

この記事では、関東地方の冬におすすめの低山と下山後に気軽に立ち寄れる温泉とをセットで紹介しています。すべて都心から日帰りで楽しめるところを選びましたので、忙しい方でも安心して出かけられます。

冬の温泉と低山登山をセットで楽しみたい方、日帰りで充実した山行を満喫したい方はぜひ参考にしてください。

1. 高尾山(東京都)/京王高尾山温泉「極楽湯」

観光スポットとしても名高い高尾山は、都心からのアクセスが良い上、薬王院、滝、吊り橋など見どころが多く、またケーブルカーやリフトもあって子供からシニアまで広く親しまれています。

山の名前(ふりがな)高尾山(たかおさん)
標高 599m
場所 東京都八王子市

高尾山のおすすめ日帰り登山・ハイキングコース

高尾山の登山コースは複数あり、初心者からベテランまで楽しめます。ここでは歩きごたえのある稲荷山コースで登り、舗装道路の1号路で薬王院を見学しながら下りるルートを紹介します。

高尾山口駅→清滝駅→稲荷山→高尾山→薬王院→高尾山ケーブル高尾山駅→リフト山上駅→金毘羅神社→高尾山口駅

総距離9.2㎞
コースタイム(休憩時間除く)約2時間30分
累積標高 上り:528m 、下り:547m
難易度 ★☆☆☆☆

アクセス

  • 京王線高尾山口駅下車徒歩5分
  • 中央自動車道八王子JCT経由、圏央道高尾山ICを降りて新宿方面へ約5分

極楽湯|駅隣接の温泉だから帰りも安心

登山者に大人気の温泉。館内は広く、さまざまな種類のお風呂にサウナ、マッサージ、食事処などがあります。高尾山口駅の隣にあるので帰路も安心です。

場所 東京都八王子市高尾町2229番7
営業時間 8:00~22:45(最終入館22:00)
休館日年中無休
料金(平日)大人1100円、子供550円
(休日・繁忙期)大人1300円、子供650円
アクセス 京王線高尾山口駅隣
公式サイト 京王高尾山温泉極楽湯

2. 日の出山(東京都)|つるつる温泉

日の出山は名前の通り、絶景の日の出が見られる山として有名で、特に初日の出は多くの登山者でにぎわいます。奥多摩山域の東端に位置し、山頂からの360度の大パノラマが見事です。

山の名前(ふりがな) 日の出山(ひのでやま)
標高 902m
場所 東京都青梅市・東京都西多摩郡日の出町の境

日の出山のおすすめ日帰り登山・ハイキングコース

御岳山から日の出山へと歩く初心者向けスタンダードコースを紹介します。御岳山へはケーブルカーで一気に上るので初めての方でも安心です。登山道は整備され、気持のいい山歩きができるので、ファミリーやグループでの1DAYハイクにおすすめです。

御岳山駅(ケーブルカー)→御岳山→御嶽神社→御岳山→日の出山→日の出山ハイキングコース入口→つるつる温泉→つるつる温泉バス停

総距離 7.2㎞
コースタイム(休憩時間除く)約3時間40分
累積標高 上り:327m 、下り:788m
難易度★☆☆☆☆

アクセス

  • JR青梅線御嶽駅から西東京バス「ケーブル下」行きでケーブル下バス停下車。 バス停から徒歩3分ケーブルカー滝本駅から御岳山駅へ。帰りはつるつる温泉バス停から西東京バスでJR武蔵五日市駅へ。
  • 圏央道青梅ICから滝本駅まで約19㎞。滝本駅周辺に有料駐車場

つるつる温泉|お肌がつるつるになる温泉

出典:生涯青春の湯つるつる温泉

地下1500mからくみ上げるアルカリ成分の高い泉質で、ひとたび浸かればその名の通りお肌がつるつるになる、まさに美人の湯。館内は広く、休憩室や食堂、個室などがあり、ゆっくり過ごせます。

場所 東京都西多摩郡日の出町大久野4718
営業時間 10:00~20:00(最終受付19:00)
休館日 毎月第3火曜日、他年2回の設備点検休館
料金3時間以内:大人960円、子供480円
3時間以上:270円/1時間
アクセスJR武蔵五日市駅からバス「つるつる温泉」行きで約20分
圏央道日の出ICから11.5km 約25分
公式サイト 生涯青春の湯つるつる温泉

3. 浅間嶺(東京都)/檜原温泉センター「数馬の湯」

奥多摩山域に位置する浅間嶺は東京都唯一の村である檜原村にあり、都心とは異なる豊かな自然に包まれています。登山道は歩きやすく、アップダウンも少ないため初心者から歩けますが、冬期は積雪や路面凍結があり、軽アイゼンやチェーンスパイクが必要です。

山の名前(ふりがな)浅間嶺(せんげんれい)
標高 903m
場所 東京都檜原村

浅間嶺のおすすめ日帰り登山・ハイキングコース

浅間尾根登山口から浅間尾根を通り、日本の滝100選の払沢の滝(ほっさわのたき)へと下りる、初級者向けのスタンダードコースを紹介します。浅間尾根はその昔、炭や米などを運ぶ生活道路として使われていた道で歩きやすく、途中富士山が見える箇所があります。トイレもあるので安心です。